日本とドイツのいらっしゃいませ。



より良い接客の為に「いらっしゃいませ。」とは言いません。

なぜなら無視されてテンション下がって接客が不愛想になるから。



日本人の皆さま、お店に入る時、レジを打ってもらう時はちゃんと挨拶しましょう!

何様のつもりだ!

店員さんの接客が不愛想になるぞ!



お店で「いらっしゃいませ」と迎え入れられた時にちゃんと返事をする人がいたら教えて欲しい。


ていうか、僕もお店に行くと

店「いらっしゃいませ~」


僕「…」(なんて返せばいいんだ?おじゃまします?)




そう、いらっしゃいませに対して返す言葉が無いのです。

だから日本のお客さんはお店に無言で入っていくのです。




しかし、ドイツかぶれの僕はお店に行った時挨拶がしたくてたまらない。



仮にもし店員さんが

「いらっしゃいませ、こんにちは~」と迎え入れてくれれば

「こんにちは。」と返せる。

だから僕はそういう店員さんが大好きだ。


つまり、「いらっしゃいませ、こんにちは。」と挨拶を加えるだけで僕がこれから言いたい事はすべて解決するのだが、それでは長くて噛んでしまうからどうしよう?という話だ。






あれ?そんな話だっけ?




まぁいい。




ドイツでは店員さんが

「こんにちは」とか「おはよう」と言って迎えてくれます。

あるいはレジ打ちの時に挨拶を交わします。

帰る時は「ありがとう、バイバイ」とか「またね」と友人と交わす挨拶ような気軽さです。


とても良い!

心地よい陽気の日に自然と朝早く目が覚めた時くらい清々しい。

挨拶って素晴らしい!!




「私はあなたの敵ではありません、味方ですよ。」挨拶にはそういったアピールとしての意味合いもある。

それなのに無言で店に入って来る奴とか、強盗か何かを疑っても考えすぎではないだろう。

そいつは味方アピールをしていないのだ。つまり敵だ!強盗だ!!

警察呼ばれても文句は言えない。



強盗に間違えられたくない僕はお店に入ったら挨拶をしたいのだが

「いらっしゃいませ。」には

「こんにちは。」と返す隙が無い。

まるで、バリバリのキャリアウーマン(飲みに行っても終電で必ず帰る。もし逃してもタクシーで帰る。そもそも酒豪で全然酔わない)並みの隙の無さだ。




男が女に求めているのは仕事じゃない、癒しだ!

演技で構わないからスキを見せてくれ、秒で好きになる。




お店に求めているのも質のいい仕事じゃない、癒しだ!

あ、僕の接客には癒しが足りない?




日本のスーパーで買い物をするとレジでわざわざ深くお辞儀までしてくれる。

でも目は合わせてくれない

なぜ?そのお辞儀は誰のため?

僕ってどこにいるかわからない位影が薄いのだろうか?



日本が世界に誇る礼儀やおもてなしの文化

いつの間にかガチガチに堅苦しいだけのマニュアル文化に変わってしまったことを憂いて

一石を投じてやろうというのが僕のささやかな「こんにちは。」活動だ。



僕はお客さんを「こんにちは。」で迎えている。

深くお辞儀をすることも無ければ、元気に大きな声を出しているわけでもない。

(そこはもう少し頑張れ!!)

でも目はちゃんと見て、その人の方を向いて挨拶している。


だからお客さんも大体「こんにちは。」と返してくれる。

素晴らしい、とても心が温まる一瞬です。





僕はドイツ語力ほぼ0の状態でドイツへ行ったから(英語も出来ない)